arrow-top arrow cart-a cart-b email facebook instagram search

時間を超えてつながる

— つなぎ糸の話

植物から色をいただいて大切に染めた糸は、たとえ端っこであっても簡単に捨てることはできません。工房には、その端糸と端糸をつないでできた「つなぎ糸」が受け継がれています。これを入れて織るとつないだ人たちの想いが今につながるのか、着物の中に奥行きがあらわれます。
中には、小野豊や志村ふくみが近所の農家の女性たちに頼んでつくっていただいた4、50年前のものも。使うのをためらいつつ、大事に、大事に使います。使い切ったときに出てくる芯の部分は当時の新聞紙。色褪せた紙面を広げて読むのも楽しみのひとつです。