裂(きれ)とあそぶ

— 小裂の話

織られた反物を着物に仕立てるとどうしても残り裂がでます。植物から色をいただいて織った裂を捨てるのは忍びなく、私たちはそれを「小裂(こぎれ)」と呼んで、どんなに小さいものでも葛籠(つづら)にしまって、大切に保管しています。一つ一つの小裂の背景には物語があり、着物とは違う凝縮された世界、力強さ、景色があります。たくさんたまった小裂を見ながら「何を作ろうか」と考えるのは、とても楽しいことです。アトリエシムラの額装や御朱印帳はこのように小裂とあそぶなかで生まれました。