arrow-top arrow cart-a cart-b email facebook instagram search share-facebook share-line share-twitter

アトリエシムラの基調色

— 色の話

鼠色は己を無にして他の色を生かす色です。そんな神秘の鼠色をアトリエシムラの思いに重ねて基調色としました。鼠色は、夜叉五倍子(やしゃぶし)、団栗、桜、梅、白樫、枇杷など、日本の山野にあるほとんどの植物から染めることができます。江戸時代には、複雑微妙な鼠色に、銀鼠(ぎんねず)、深川鼠(ふかがわねずみ)、数寄屋鼠(すきやねずみ)、源氏鼠(げんじねずみ)など、たくさんの色名がつけられました。こうした百鼠の色名からも日本人の色彩感覚の繊細さがうかがえます。鼠色は、「和」「静寂」「謙譲」を好む日本人の情緒世界にぴったりの色なのです。