アトリエシムラ3周年「色への祝祭 — ひとつの色を纏う —」

アトリエシムラ3周年 色への祝祭  ― ひとつの色を纏う ―

おかげさまでアトリエシムラは3周年を迎えます。
植物の色彩を着物としてまとうことには、自然と繋がる喜び、楽しさ、
そして懐かしさがあります。
3周年を記念して、新作の着物とミナ帯をお披露目いたします。
アトリエシムラの着物の世界を一人でも多くの方にお届けしたいと願っています。
ご高覧いただけましたら幸いです。
アトリエシムラ代表 志村 昌司

【京都本店】
日程 11月2日(土)~4日(月・祝) 11:00~18:00
会場 アトリエシムラ Shop & Gallery 京都本店(600-8018 京都市下京区河原町通四条下ル市之町251-2 壽ビルディング2F)

【東京・成城】
日程 12月7日(土)~8日(日) 11:00~17:00
会場 アトリエシムラ Shop & Gallery 京都本店(157-0066 東京都世田谷区成城2-20-7)

お問い合わせ tel : 075-585-5953 mail : info@ateliershimura.co.jp

展示販売内容
着物や帯、3回目となる「シムラの着物ミナの帯」の発表、帯揚げ、帯締め、ストール、裂小物、ステーショナリーなど

 

<第3回 シムラの着物ミナの帯>

11月2日(土)より、3回目となる「シムラの着物ミナの帯」のお取り扱いが始まります。

アトリエシムラとミナ ペルホネンの出会いは2015年。
糸井重里さんのご紹介によって、
皆川明さんが嵯峨の工房に来てくださったことがきっかけでした。
ものづくりに向かう姿勢や、自然を敬う気持ち。
素材に対する慈しみや、手仕事を通しての内面世界の表現。
和と洋の垣根を飛び越えてお互いの共通点を見つけ、共感しあい、
ミナの裂で帯を作ったらどうだろうというアイデアからスタートしました。

—————————————

<メッセージ>

ミナ ペルホネンとのコラボレーションも3回目になります。
一緒に制作をさせていただく過程で、
いつもミナ ペルホネンの物づくりに対する姿勢に共感しています。
今回のミナ帯もすべてオリジナルで、
緯糸には草木で染めた糸もアクセントとして入っています。
帯としてのより高い完成度も目指して制作しました。
今の時代の感性を取り入れた着物のコーディネートの提案として、
アトリエシムラの着物とミナ ペルホネンの帯はぴったりだと自負しています。
どうぞご高覧いただけましたら幸いです。
アトリエシムラ 志村昌司

 

アトリエシムラのものづくりとの共感性や、
私達のものづくりが届けられる人のことを想いながら作りました。
アトリエシムラの皆さんの、実直で誠実な眼差しにいつも敬意を感じています。
自然を敬愛し、素材を慈しみ日常の物とするという考えの共有がある中で、
それぞれの最終的なアウトプットが共鳴する可能性を感じています。
お客様には柔軟な価値観の中でご自身の想いでお手に取られ、
身につけていただけましたら幸いです。
minä perhonen 皆川明

—————————————

 

今回は1、2回目のコラボレーションでも大人気だった、
「風の種 カゼノタネ」、「雪の芽 ユキノメ」、「forest dot」という生地の新色展開です。
このコラボレーションを通じて、
現代を生きる私たちにとって着物がもっと身近に感じられるように、
また、自由な発想で楽しめるようになったらと願っています。

詳しくは、「第3回 シムラの着物ミナの帯」の特設ページをご覧ください。