学びの会「言ノ葉 -色で結ぶ-」 佐藤優、高橋巖『なぜ私たちは生きているのか 』(平凡社新書)を読む

アトリエシムラは、日本人が古来より感じてきた自然を想う心や色彩感覚、そこから育まれた文化を大切にしています。
「言ノ葉 ―色で結ぶ―」と題した学びの会は、読書会やゲストを招いた対談などの形で行います。
色と言葉の世界を通して、共に学び、考え、感じる時間です。
みなさまにとって新たなことに気が付き、深めるきっかけとなっていただければ幸いです。
お気軽にご参加ください。

佐藤優、高橋巖『なぜ私たちは生きているのか 』(平凡社新書)を読む
 
今回の学びの会では、高橋巖さん、佐藤優さんの対談本、『なぜ私たちは生きているのか』をとりあげます。高橋巌さんは、ルドルフ・シュタイナー研究の第一人者であり、志村の染織の考え方にも大きな影響を与えました。作家の佐藤優さんは大変な博識家で、キリスト教神学と現代社会を取り結ぶ著作活動を続けています。本書では、国家・資本・宗教を切り口にして、「危機の時代」である現代(いま)を私たちはいかに考え、生きるべきか、語っています。アトリエシムラの読書会では知識の多い、少ないではなく、一人ひとりの問題意識を深めることが大事だと思っています。ぜひご参加ください。
 
 
高橋巖(たかはし・いわお)
日本の美学者。日本人智学協会代表。元慶應義塾大学文学部教授。日本におけるルドルフ・シュタイナー研究の第一人者。1970年代からシュタイナーの人智学(Anthroposophie)を紹介するために著作・翻訳・講演活動を始めるようになり、1985年に日本人智学協会を創立する。同協会代表(2010年現在)。
 
佐藤優(さとう・まさる)
日本の外交官、作家。学位は神学修士(同志社大学・1985年)。同志社大学神学部客員教授、静岡文化芸術大学招聘客員教授。在ロシア日本国大使館三等書記官、外務省国際情報局分析第一課主任分析官、外務省大臣官房総務課課長補佐を歴任。
 
 

【京都本店】
開催日時 : 9月28日(土) 10:00~12:00
場所   : アトリエシムラ Shop & Gallery 京都本店
募集人数 : 8名(先着順)
参加費  : 1,000円(税込)

『なぜ私たちは生きているのか』を読む 【京都本店】のお申し込みはこちら 。

 

【東京・成城】
開催日時 : 10月6日(日) 10:00~12:00
場所   : アトリエシムラ Shop & Gallery 東京・成城
進行役  : 志村昌司
募集人数 : 8名(先着順)
参加費  : 1,000円(税込)

『なぜ私たちは生きているのか』を読む 【東京・成城】のお申し込みはこちら

 

*『なぜ私たちは生きているのか』を読んでいらっしゃらない方でもご参加いただけます。