学びの会「言ノ葉 -色で結ぶ-」 小林秀雄、岡潔『人間の建設』を読む

アトリエシムラは、日本人が古来より感じてきた自然を想う心や色彩感覚、そこから育まれた文化を大切にしています。
「言ノ葉 ―色で結ぶ―」と題した学びの会は、読書会やゲストを招いた対談などの形で行います。
色と言葉の世界を通して、共に学び、考え、感じる時間です。
みなさまにとって新たなことに気が付き、深めるきっかけとなっていただければ幸いです。
お気軽にご参加ください。

小林秀雄、岡潔 『人間の建設』(新潮文庫)を読む
現代の知の巨人、批評家・小林秀雄と数学者・岡潔の対談です。話題は学問、芸術、現代数学、アインシュタイン、俳句、 本居宣長、ドストエフスキー、ゴッホ、プラトンなど多岐にわたり、知的興味が尽きない本です。小林秀雄、岡潔を知らない方もこれをきっかけに親しんでいただければと思います。

小林秀雄(1902-1983)
東京生れ。東京帝大仏文科卒。1929(昭和4)年、
「様々なる意匠」が「改造」誌の懸賞評論二席入選。以後、「 アシルと亀の子」はじめ、独創的な批評活動に入り、『私小説論』『ドストエフスキイの生活』等を刊行。戦中は「 無常という事」以下、古典に関する随想を手がけ、「終戦の翌年「モオツァルト」を発表。1967年、 文化勲章受章。連載11年に及ぶ晩年の大作『本居宣長』( 1977年刊)で日本文学大賞受賞。

岡 潔(1901-1978)
大阪生れ。日本数学史上最大の数学者。1925(大正14)年、 京都帝大卒業と同時に講師に就任、以降、広島文理科大、北大、奈良女子大で教鞭をとる。 多変数解析函数論において世界中の数学者が挫折した
「三つの大問題」を一人ですべて解決した。1960(昭和35) 年、文化勲章受章。エッセイ集に『春宵十話』『日本のこころ』『風蘭』『 情緒の教育』『情緒と創造』『情緒と日本人』等。

【京都本店】
開催日時 : 7月13日(土) 10:00~12:00
場所   : アトリエシムラ Shop & Gallery 京都本店
進行役  : 志村昌司
募集人数 : 8名(先着順)
参加費  : 1,000円(税込)

『人間の建設』を読む 【京都本店】のお申し込みはこちら  

 

【東京・成城】
開催日時 : 9月22日(日) 10:00~12:00
場所   : アトリエシムラ Shop & Gallery 東京・成城
進行役  : 志村昌司
募集人数 : 8名(先着順)
参加費  : 1,000円(税込)

『人間の建設』を読む 【東京・成城】のお申し込みはこちら

 

*『人間の建設』を読んでいらっしゃらない方でもご参加いただけます。