学びの会「言ノ葉 ー色で結ぶー」 『語りかける花』(ちくま文庫)を読む

アトリエシムラは、日本人が古来より感じてきた自然を想う心や色彩感覚、そこから育まれた文化を大切にしています。
「言ノ葉 ―色で結ぶ―」と題した学びの会は、読書会やゲストを招いた対談などの形で行います。
色と言葉の世界を通して、共に学び、考え、感じる時間です。
みなさまにとって新たなことに気が付き、深めるきっかけとなっていただければ幸いです。
お気軽にご参加ください。

今回の読書会のテキストは志村ふくみ『語りかける花』(ちくま文庫)です。
『一色一生』、『色を奏でる』の次に出版されたエッセイ集で、
随筆家としての本領がもっとも発揮された本です。
ゲーテやシュタイナーの色彩論と出会い啓発され、
自らが追求する植物の色彩世界と通ずるその思想を語り始めた時期です。
みなさまと有意義な時間が過ごせれば幸いです。
― アトリエシムラ代表・志村昌司
 

【京都本店】
開催日時 : 4月21日(日) 10:00~12:00
場所   : アトリエシムラ Shop & Gallery 京都本店
進行役  : 志村昌司
募集人数 : 8名(先着順)
参加費  : 1,000円(税込)

『語りかける花』(ちくま文庫)を読む 【京都本店】 のお申し込みはこちら  

【東京・成城】
開催日時 : 5月25日(土) 10:00~12:00
場所   : アトリエシムラ Shop & Gallery 東京・成城
進行役  : 志村昌司
募集人数 : 8名(先着順)
参加費  : 1,000円(税込)

『語りかける花』(ちくま文庫)を読む 【東京・成城】 のお申し込みはこちら

*『語りかける花』を読んでいらっしゃらない方でもご参加いただけます。

『語りかける花』(ちくま文庫)について
京都・嵯峨野に住み、草木の精を糸に染め、自然のたたずまいを織に写し、
この世のものとも思えない作品を生み出している染織家のエッセイ集。
語りかける花の声をきき、その色をいただく、敬虔で清雅な生き方、
美しい色に生命をかける情熱と強靱な心意気。
第41回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

『語りかける花』は、アトリエシムラ Shop & Gallery 京都本店、東京・成城、
または、アトリエシムラのオンラインストアでもご購入いただけます。