学びの会「言ノ葉 ー色で結ぶー」 『色を奏でる』(ちくま文庫)を読む

アトリエシムラは、日本人が古来より感じてきた自然を想う心や色彩感覚、そこから育まれた文化を大切にしています。
「言ノ葉 ―色で結ぶ―」と題した学びの会は、読書会やゲストを招いた対談などの形で行います。
色と言葉の世界を通して、共に学び、考え、感じる時間です。
みなさまにとって新たなことに気が付き、深めるきっかけとなっていただければ幸いです。
お気軽にご参加ください。

志村ふくみ著『色を奏でる』(ちくま文庫)を読む
今回の読書会のテキストは志村ふくみ『色を奏でる』(ちくま文庫)です。
志村ふくみのもっとも初期のエッセイ集の一つで、はじめて志村の染織を知る人には格好の本となっています。
また本書は今春に英訳が出版され、欧米の大学図書館に収蔵されることになっています。
志村の染織の原点を振り返り、それぞれの想いをお話いただければと思います。
― アトリエシムラ代表・志村昌司
 

【京都本店】
開催日時 : 3月3日(日) 10:00~12:00
場所   : アトリエシムラ Shop & Gallery 京都本店
進行役  : 志村昌司
募集人数 : 8名(先着順)
参加費  : 1,000円(税込)

第17回 『色を奏でる』(ちくま文庫)を読む 【京都本店】 のお申し込みはこちら
 

【東京・成城】
開催日時 : 3月23日(土) 14:00~16:00
場所   : アトリエシムラ Shop & Gallery 東京・成城
進行役  : 志村昌司
募集人数 : 8名(先着順)
参加費  : 1,000円(税込)

第18回 『色を奏でる』(ちくま文庫)を読む 【東京・成城】 のお申し込みはこちら

*『色を奏でる』を読んでいらっしゃらない方でもご参加いただけます。

『色を奏でる』(ちくま文庫)について
17歳で機を習い、30歳を過ぎて染織をはじめた作家が、
長い歳月のうちに、内面に深く潜めた思いの数々を綴る珠玉のエッセイ。
植物から色が抽出され、媒染されるのも、人間が様々の事象に出会い、苦しみを受け、
自身の色に染めあげられていくのも、根源は一つであり、光の旅ではないだろうか。

『色を奏でる』は、アトリエシムラ Shop & Gallery 京都本店、東京・成城、
または、アトリエシムラのオンラインストアでもご購入いただけます。