arrow-top arrow cart-a cart-b email facebook instagram search

学びの会「言の葉 ー色で結ぶー」民藝を考えるシリーズ

アトリエシムラは、日本人が古来より感じてきた自然を想う心や色彩感覚、そこから育まれた文化を大切にしています。
「言ノ葉 ―色で結ぶ―」と題した学びの会は、読書会やゲストを招いた対談などの形で行います。色と言葉の世界を通して、共に学び、考え、感じる時間です。
みなさまにとって新たなことに気が付き、深めるきっかけとなっていただければ幸いです。
お気軽にご参加ください。

近代化や情報化が急速に進み、果てはAIがもてはやされる現代において、自然や風土の恵み、伝統の力、用の美などに重きを置いた、柳宗悦からはじまる民藝思想が、どのような意義を持つのか、いかに継承し発展させていくのか、そうした問題意識のもとに民藝思想を今改めて考え直してみたいと思います。

【民藝を考えるシリーズ① 柳宗悦著 『工藝の道』(講談社学術文庫)を読む】
シリーズ①では、民藝思想のバイブルである柳宗悦の『工藝の道』を読み、そもそもの民藝思想を読み解きます。

【民藝を考えるシリーズ② 志村ふくみ著 『一色一生』(求龍堂)を読む】
シリーズ②では、民藝運動に大きな影響を受けつつも、 独自の作家の道を歩んだ染織家・志村ふくみの代表作『一色一生』を読み、志村ふくみからみた民藝思想の意義を辿ります。

【民藝を考えるシリーズ③ 志村洋子著 『色という奇跡』(新潮社)を読む】
シリーズ③では、民藝から染織を中心とした芸術教育へと展開する志村家の軌跡を、志村洋子『色という奇跡』を題材に辿りつつ、 現代において民藝思想をいかに継承し発展させていくのか、を考えます。

【京都本店】

・第7回 民藝を考えるシリーズ① 柳宗悦著 『工藝の道』を読む
10月21日(日) 10:00~12:00

・第8回 民藝を考えるシリーズ② 志村ふくみ著 『一色一生』を読む
11月 3日(土) 10:00〜12:00

・第9回 民藝を考えるシリーズ③ 志村洋子著 『色という奇跡』を読む
11月11日(日) 10:00〜12:00

場所   : アトリエシムラ Shop & Gallery 京都本店
進行役  : 志村昌司
募集人数 : 各回8名(先着順)
参加費  : 各回1,000円(税込)

第7回 民藝を考えるシリーズ① 柳宗悦著 『工藝の道』を読む のお申し込みはこちら
第8回 民藝を考えるシリーズ② 志村ふくみ著 『一色一生』を読む のお申し込みはこちら
第9回 民藝を考えるシリーズ③ 志村洋子著 『色という奇跡』を読む のお申し込みはこちら

 

【東京成城】

・第10回 民藝を考えるシリーズ① 柳宗悦著 『工藝の道』を読む
11月17日(土) 16:30~18:30

・第11回 民藝を考えるシリーズ② 志村ふくみ著 『一色一生』を読む
11月23日(土) 15:00〜17:00

・第12回 民藝を考えるシリーズ③ 志村洋子著 『色という奇跡』を読む
12月15日(土) 16:00〜18:00

場所   : アトリエシムラ Shop & Gallery 東京成城
進行役  : 志村昌司
募集人数 : 各回10名(先着順)
参加費  : 各回1,000円(税込)

第10回 民藝を考えるシリーズ① 柳宗悦著 『工藝の道』を読む のお申し込みはこちら
第11回 民藝を考えるシリーズ② 志村ふくみ著 『一色一生』を読む のお申し込みはこちら
第12回 民藝を考えるシリーズ③ 志村洋子著 『色という奇跡』を読む のお申し込みはこちら