arrow-top arrow cart-a cart-b email facebook instagram search share-facebook share-line share-twitter

掲載情報 京都市公式サイト「京都館」

京都市の公式サイト「京都館」にて、
能楽金剛流若宗家で「沖宮」のシテ・天草四郎役を舞う金剛龍謹氏と、
アトリエシムラ代表で「沖宮」の企画・制作を担う志村昌司の対談が掲載されています。
ぜひこちらからご覧ください。

 

また、9月15日(土)にも両者による対談を行います。

講演会『新作能「沖宮」をみる』

日程  2018年9月15日(土)
時間  14:00〜16:00(開場13:30)
会場  アサコムホール 〒530-8211 大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー12F
定員  100名(事前申込制、先着順)
参加費 1,000円

◆ 第一部 能の見方 講師:金剛 龍謹(能楽金剛流若宗家)
新作能「沖宮」で志村ふくみの衣を纏い、石牟礼道子の世界を舞う 金剛龍謹氏を講師に招き、能初心者にもわかる能の見方を学ぶ。

◆ 第二部 能からみる「沖宮」の世界 〜シテ 金剛 龍謹 × 企画・制作 志村 昌司
石牟礼道子が「沖宮」を能という形で表現しようとしたその真意とは?
登場人物である少女あやと天草四郎の衣裳の色である紅色と水縹色に込める志村ふくみの想いとは?
石牟礼道子と志村ふくみが「沖宮」に託したメッセージを能舞台の形に実現しようとしたとき、みえてきたものとは何か。
舞台を作り上げる能楽師と企画・制作の目線から「沖宮」の世界について語り合う。

【申込み方法】
申込みページからお申込みください。 予定枚数に達し次第、終了いたします。

主催:アルスシムラ
共催:アトリエシムラ